正中神経障害|ジール整骨院

正中神経障害の症状

  • 手のひらの感覚障害
  • 手首や指を曲げづらくなる
  • 母指球筋(親指の付け根)の萎縮
  • 手根管症候群
  • ジンジンする痺れ
  • ものを掴んだりつまんだりする動作がやりにくい
  • 親指と人差し指で「OK」のサインが作れなくなる
  • 回内筋症候群

正中神経障害の治療法は原因によって異なります。糖尿病やリウマチ性関節炎などの基礎疾患がある場合は、それらの状態を治療することも重要です。手部は日常動作で多く使用されるため、早期治療が推奨されています

正中神経障害の原因

  • ケガ(急性外傷)
  • 骨折
  • 手根管症候群
  • 回内筋症候群
  • 腫瘍 / 腫瘤
  • 神経炎
  • 睡眠中の不自然な姿勢(枕の高さなど)

正中神経が損傷または圧迫されることによって引き起こされます。前腕・手首・手のひら・指を通る神経です。感覚と運動の両方の機能を支配しています。指を動かす・物を掴む・感じる能力などです。

ジール整骨院玉野院での治療

当院には、コンビネーション治療器というものがあります。
 (超音波治療と電気治療を同時に受けられる機材)
 ・超音波治療:炎症物質の抑制と痛みを減らす治療方法(非温熱作用:通称ミクロマッサージ)
 ・電気治療:痛みの緩和と組織の修復を早める治療方法(ハイボルテージ・マイクロカレント)

【症状が強いとき=急性期】
 
・炎症を抑えるために電気治療を優先して実施します。
 ・神経を圧迫している筋肉の硬さを取り除きます。前腕や手のひらの筋肉などです。

【症状が落ち着いてきたとき】
 ・神経の滑走性を高めます。神経を動かすことで神経伝達が高まる、指先の感覚が元に戻りやすくなります。
 ・再発しないために、前腕の動かし方の指導や手関節の矯正を実施します。

・手関節・前腕が動かないように固定するためのテーピングをすることもあります。

前腕が硬くならないようなセルフケア・日常動作を指導します。

手の痛み
肩の痛み
その他の痛み

営業時間・アクセス

お電話でのご予約・お問合せはこちら
086-238-9862
営業時間
平日 9:30~12:00 / 15:00~20:00 
土曜・日曜・祝日 9:30~12:30 / 14:30~19:00
定休日
水曜

お電話でのお問合せ・相談予約

086-238-9862

<営業時間>9:30~20:00

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

ジール整骨院 玉野院

住所

〒706-0001 岡山県玉野市田井
3丁目1188-1

アクセス

備前田井駅から徒歩15分 
わたなべ生鮮館田井店の敷地内駐車場多数

営業時間

平日 9:30~19:30 
土祝 9:30~17:30

定休日

水曜・日曜